広島県指定伝統的工芸品
戸河内刳物 横畠工芸

二代目
横畠 文夫
  • 昭和27年 横畠 佐六を師匠としてこの道に入る
  • 昭和37年 農林大臣賞受賞
  • 平成03年 広島県伝統工芸品に認定
  • 平成04年 通商産業大臣賞受賞
  • 平成08年 広島県優秀技能賞受賞
  • 平成10年 伝統的工芸品産業協会功労者表彰

佐六を師匠としてこの道入り63年目
北海道から沖縄まで、伝統工芸館や百貨店での催事に出展し、お客様の声、要望を聞き、時代の求める才ノ作りを目標とする。

三代目
横畠 裕希
  • 平成11年 新宿京王百貨店「若手手工芸職人展」に出店
  • 平成12年 テレビ「WAVE」夢へのチャレンジで放映
  • 平成12年 大阪近鉄百貨店「全国家具・指物匠の技展」に出展
  • 平成13年 大阪梅田阪急百貨店「全国手技工房展」に出展
  • 平成13年 東京八重洲職人館「戸河内刳物親子三人展」に出展
  • 平成24年 一般財団法人「日本工芸館」(大阪難波)第54回日本民芸公募展で優秀賞
  • 現在 全国の百貨店・ギャラリー等で多数活躍中。(高島屋・三越・伊勢丹にて)
  • 道の駅来夢とごうちで、販売中。

職人になって18年!
木杓子を心を込め削り、そして便利で使い易く役に立つ本物の道具をお客様の要望や職人の目や創造から 「ものづくり」を毎日こつこつと、山の中でやっております。

 
沖野 秀則

50才から始めた木彫の仕事です。
基本を忘れず!

異色作家
横畠 智保子

広島県指定伝統工芸品の世界に入って30年。女の目線からこだわりの雰囲気作を夢見て挑戦してみました。ノミ、鉋、チョウノ、など12種類の刃物を使って、一つ一つ心を込め、また遊び心も入れて、刃物の切れ味を活かしてみました。それを漆で、仕上げてみました。毎日の生活の中で、少しでもお役に立てれば幸いです。